身につける3段階

リーダーシップ

知る。
やれる。
習慣になる。
この3段階が物事を学ぶときにあります。
子供のころ、テストや試験がありましたので、少なくとも「知ること」は「やれること」につながっていました。でも、大人は「知ること」で辞めてしまう人がとても多いです。
大人になると、学ぶだけではなくてやれなくてはいけません。さらに言えば、習慣化できるくらいすり込む事が行動を変えることにつながります。
ある会社では、新卒採用を偏差値で採用していたそうです。一般的に入るのが難しい大学の卒業生を採っていたそうです。
そのような人たちははじめはとてもパフォーマンスが良い。頭がいいから要領が良い。でも、5年しかもたないそうです。知識に偏って、現場で柔軟な対応ができなくなる。
しかも、今まで5年間パフォーマンスを発揮していたので、自分のやり方に執着し、頭が硬くなっている。会社としては使いづらい人材になるそうです。全員が全員ではないですが。
どんな小さなことも「学び」がありますね。その「学び」は「気付き」と呼ばれたりもしますが、小さな気付きの学びを取り入れて人は成長していくと思っています。
気づきの学びから、自分の行動を変えて行きます。そして成長します。
学びに気づかなくなってしまった人は成長できなくなります。成長できない人に成功はありません。すぐに使えない人材になってしまいます。
逆に言えば、そういう人が大半なので、使える人材になることもがんばればすぐ実現可能だと思っています。
気づいて行動して習慣化。日々きちんと小さな学びや気付き、発見を振り返って確実に物にしていきたいと思います。

リーダーシップ