PBL(Project-Based Learning)

Project Based Learning

少し前、2000年くらいからでしょうか、PBLという手法が教育現場、企業の教育現場、研究現場などに取り入れられているようです。
詳しくは今後調べていきますが、そのコンセプトの興味があります。
子どもは、学んだことをアウトプットする場を持っていません。正確に言えばテストなどの場しかありません。
しかし、学びというのは、自分の日常の中で使ったり、何かを達成するために使うことで多くの気付きと習得ができます。
子どもにとっての場がないのであれば、作ればいい。
子どもたちが楽しく取り組めること。どこかに行きたい!これを作りたい!でも何でもかまわないから目標を作り、目標に対して複数名で協力して達成していこうとする。そんなプロジェクトを通じて学びをアウトプットすることができれば、きちんと机上のお勉強が、実学として活用できるようになる。
そして、その中でコミュニケーションとリーダーシップを学べる。
私の今までのプロジェクト経験も有効に活かせる。
PBL、今後の事業に大変重要な考え方になりそうです。