先輩に言われたこと

リーダーシップ

無我夢中になる瞬間
いつも読んでるFPNの記事。
無我夢中になることが、仕事の中にあることが大事だなぁと思います。
今の若い人たちは、仕事の中に何か楽しい!面白い!を見出せていない人が多いと感じます。
そして、楽しくない、面白くない、を会社のせいにする。
人のせい、周りのせい、会社のせい、にすると、何も新しいものは生まれてこない。
どんなことでもいい、お金にならなくてもいいから、自分がこれだけは楽しいんだぞ!って言えることをもってもらいたいと思います。
先輩が言っていました。
「緒方が簡単なことをすればいい」って。
自分にとって簡単なことは、人によっては簡単じゃないこともある。そしたらその人にとって価値になる。必ずそういう人はいるんだって。
自分が簡単なことは、レベルが低いことじゃなくって、自分が楽しくて簡単に取りくんでやれること。
若い人は個性がある。社会人になって何年も経ってしまっていない、もまれていない、個性がある。
その個性を活かして、楽しさを見出せたら、もっと人生笑って生きられるんだろな。
難しくない。もっとシンプル。楽しく生きよ。
人生まだまだ捨てたもんじゃないぜい。

リーダーシップ