よく伝えることができる数字とは

リーダーシップ

きちんと伝えたいことを伝えるためには、情報を整理することが必要。
WEBサイトでメッセージを伝えるときも、特に広告的なページにいたっては
何を言いたいのか、簡潔にまとめることが大事。
自分が伝えたいことを「3」「5」「7」などの奇数でまとめていくと、なんだか
分かりやすくなります。
「2」「4」「6」「8」などは2で割り切れるため、2つの事柄を比較したり、
軸を作り良くある4象限に分けて分析できるので、伝えたいことを
分析するときには、賢く見えます。
ただし、偶数は少し難易度が高いです。人は2で割れると分析したくなります。
比較もしたくなります。4つの情報がただ羅列して書いてあると、
「あ、まとめられていない」という潜在意識が働きます。
偶数個の項目はなるべくまとめたほうがよいですね。
さらに、「3」という数字はマジックのようで、かなりまとまっているように聞こえます。
実は、3を意識すれば、文章をまとめるときに情報を3つの項目にまとめているので
当たり前といえば当たり前。
企画書でも何でも「3」を少し意識をすると結構物事がうまく行きます。
成功の3ステップ。
かなり、カンタンに成功が手に入りそうです。
ベネフィット・独自性・理由
説得力のある情報を伝える基本です。
大抵3つにまとめられないときは、優先順位がつけられていないとき。
3つにまとめることを意識しよう。