マーケティングで忘れてはいけないこと。

marketing

企業のマーケティング活動に関わっていると、「マーケティング」の根本的な事実を忘れてしまいがち。

weblioで調べてみると。
marketingの意味 – 英和辞典 weblio辞書

1a【経済】 マーケティング 《市場調査・流通経路・広告なども含む製造計画から最終販売までの全過程》.
b(会社の)マーケティング部門.
2市場で売買すること.

そう。ここで重要なのは”全過程”です。

またwikiで調べてみると。
マーケティング – Wikipedia

マーケティング(英: marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

そう。ここでも、「全てを表す概念」と言っています。

 
マーケティングというと、

  • 「ランディングページを作ろう」とか
  • 「DMを打とう」とか
  • 「メルマガを配信しよう」とか
  • 「キャンペーンをしよう」とか
  • ECなどでは「アフィリエイトでサンプリングやろう」とか
  • 部分的な施策と目標を立てるだけの企業がよく見られます。

    大手代理店でもそのような状況です。

    年間計画や”日々のマーケティング活動”が大切で効果的であるにも関わらず、短期施策を繰り返していることが多い。

     
    マーケティングは長期的かつ継続的な販売活動です。
    マーケティング活動がうまくいかない、そんな状況を打破したいときはいつもつながりを考えます。

      どうやって初回接点・2回目接点・3回目接点を持っているのか?
      どうやって初回購入・2回目購入・3回目購入をしているのか?
      接点から接点、もしくは接点から購入に、今の2倍のお客さんに行動してもらうにはどのようにしたらよいか。

    シンプル。この接点と購入のつながり(=チェーン)を顧客感情を考慮して追及していくことが、マーケティングを考える根本だと思います。