動画マーケティング

動画マーケティング

私たちは成果が上がるランディングページを作ることは比較的得意です。
サービスの強みを明確化して、顧客の心理を読み解き、アクションを取っていただきます。
結果、過去のランディングページより効果が上がることも多いです。

ただ、ランディングページは少し飽きられてきているところも事実です。
また、すぐにユーザーが離れがちです。

より多くの情報量を使うために、「動画」を活用することはとても重要です。

見たくなる動画の構成の王道があるので、ある程度その形式に合わせることで
静的なランディングページよりも成果を高めることができます。

○はじめの1スライドで見たい・聞きたいテーマをしっかり伝える。
○動画の場合は、結論は後でもOK。それよりも、疑問を投げかけてから、ロジカルに製品・サービスのメリットを伝えていくことが重要です。
○ストーリーがポイントで、静的ランディングページよりも、1動画の起承転結を意識します。
○結論としては、テーマに対する回答やテーマメッセージの強化を伝え、結論の後に取ってほしい行動を伝えます。テレビショッピングはこの形式です。ECなどにはとても使えます。
○ナレーターの声、強弱、伝えたいポイントの明確化とポイントメッセージのビジュアル化もとても大切です。
○もし可能であればスライドだけではなく、身振り手振りを交えた人物を動画に登場させて説明してもらう、ということも有効です。

まだまだありますが、今度自分でもやってみます。

では。