webで注目されやすい記事タイトルの作り方

右肩上がり

以前、個人的にまとめていました記事タイトルの作り方を列挙してみます。
やはりよくあるwebっぽさがでてしまいますし、自分の記事タイトルではあまり使わないですけどね。

東洋経済オンラインもタイトルに工夫をしPVアップした一方記事の質低下もあるようです。
PV数10倍増でも「東洋経済オンライン」が失敗する、たった1つの理由 – 空気椅子

ご注意しながら、でも効果があるのを見てもよいかもしれませんね。

この記事のタイトル「webで注目されやすい記事タイトルの作り方」をそれぞれ変えてみましょうか。
※このタイトルだと少々無理やりもあるけれどもね。

———-

【心理訴求を意識(インパクト×共感×心理不安・快感)】

・極端にする
ブログで皆が注目するスゴイ記事タイトルの作り方

・明確な特徴・売り
驚異!クリックされる記事タイトルの作り方

・数を明記する
注目される記事タイトルの作り方<15種類>

・数を増やす
注目される記事タイトルの作り方<50種類>

・初
業界初・注目される記事タイトルの作り方
初心者でもうまくいく注目記事タイトルの作り方

・一番
一番注目される記事タイトルの作り方

・解決結果を提示
こういう記事タイトルにしたらクリック率が○%伸びた

・根本を解決
クリック率を増やしたいなら記事タイトルをこう作る。

・ホントに?
思わず押してしまう信じられない記事タイトル

・まとめる
注目される記事タイトルの作り方をまとめてみた

・未来を伝える
5年後のあなたのサイトを左右する注目記事タイトルの作り方

・顧客の声を提示
お客さんに「ありがとう」といわれた記事タイトル

・ターゲットの理想
アルファブロガーがよく使う記事タイトルテクニック
※ターゲットはブロガーさん。

・比較する
2倍のクリック率になる記事タイトルの作り方

・ヤバイ
思わず読みたくなるヤバイ記事タイトルの作り方

———-

タイトルはいくらでも勉強できるので、やってみたら面白いかもしれませんね。

やりすぎると品質下がって見えるので要注意です。