プロジェクトベースドラーニングを当たり前のノウハウに変える仕組みづくり

Project Based Learning

Project Based Learning プロジェクトベースドラーニング(PBL)
 -実践的な教育手法として「プロジェクト型学習」「問題解決型授業」が注目されていました。

よくある座学や通常の授業と違って、下記のような点が長所としてあげられます。

・課題の解決を目的とする(アウトプット・総合力志向)
・チームの力によって課題を解決する
・受講者の自主性・自律性を重んじる
⇒ 従来の教育手法では育成が難しかった能力を効率的に育成することが可能

仕事の場になると、PBLであることが当たり前ですが、きちんと

  • プロジェクトを通じて学びを獲得する
  • ということがなされていないことが多いため、ノウハウを資産に変えて組織に活かすような流れができないことが多い。

    最近は、今までの経験から、StartUP→Plan→Do→Check→Actionの流れがわかりやすく把握できるようになってきましたので、ドキュメントフォーマットを作成し、型を作り始めています。

    チャレンジ的な取り組みをいくつか実施しながらスタンダードなパッケージを構成したいと思います。