IIJmioを約2カ月使ってみた感想

IIJmioメリット

IIJmioの契約をしたのが、3月18日。こちら。

もう2カ月近くたちました。
IIJmioのBIC SIMプリペイドカードで契約し、通常の月額契約に移行し、その後SMSオプションを追加して、今に至ります。

2か月の感想をまとめてみます。ドコモ回線と格安SIM(IIJmio)は結論言うと、データ通信は格安SIMで十分です。音声通話はまだドコモがよいです。

価格

IIJmioは月1GBまで高速回線が使えて、SMS付きで月額1,040円+税。私はこれ。
月2GBまで高速回線が使えて、SMS付きでも月額1,660円+税。

今週5月15日から始まるドコモの新料金プラン「パケットパック」の「データSパック」は月額3,500円+税。

圧倒的にIIJmioの勝利です。

月額の容量制限は

私は仕事で使っていますが、その他は、下記のような使い方です。

・動画は見ない。
・ニュースサイトとソーシャル、メール、webページチェックがメインの使い方。
・ニュースはfeedly。Flipboardは画像が多く、容量を食います。
・ソーシャルはFacebookとtwitter。
・画像はGoogle+とInstagramへのアップ、facebook投稿が多いですが、Google+はWifiのときの自動アップのみにしています。
・仕事でテザリングしてPCでのメールチェックや受信、web確認、少し重いメールでのファイル受信などは高速回線使っています。
・その他、PCもモバイル(NEXSU5)も、ドコモWifiが使えるところでデータDLなどしています。スタバ、都内の駅、プロントなどです。

このような使い方をしていたら、月間1GBもデータ通信しません。

高速回線で大量にデータを落とすような使い方をしていたら、すぐにデータ量は増えてしまうと思いますが、IIJmioの200kbpsで十分です。ドコモも200kbpsを標準にして、高速回線利用で月間1GB1,500円くらいにしてくれたら契約増えるのに。2000円だと高いけど、1900円なら契約者増えそうな気がします。

最近増えているゲームユーザーはどうなんでしょうね、少々厳しいですかね。
でもゲームをやらない方ならほんと、200kbpsで十分です。
ただし、テザリングはWifi経由になるととても遅くなるので、高速通信に切り替えてテザリングしたほうがよいです。

結論、200kbpsで問題ない人が大半じゃないかと思います。

IIJmioの仕組み

IIJmioの仕組みでよいなと思う点が3つ。

・プリペイド契約で残った容量も、毎月の使用量で残った容量も翌月に繰り越せる。
 つまり、ずっと200kbpsで使っていたら、毎月1GBたまっていきます。使いたいときに使えばよい。
 これはホントに素晴らしい。

・200kbpsと高速回線をアプリで切り替えができる。こちらのみおぽん
 これがホントに素晴らしく、NTTコミュニケーションズのような1日50MB高速通信使ったら低速になってしまう、というより使い勝手がよい。
 好きな食べ物はあとにする!と、できるわけです。そして横から誰かが食べてしまうことはありません。

・初速のブースト機能がある。ここにもありますが、「クーポンOFF時でも最初の3秒はブースト時間を設けて体感速度をあげている」とのことです。
だから体感速度が高く感じられます。実際3秒のブースト時間でDLの大半が終わることもあり、高速回線を使っているのと変わらない速度を感じられることがあります。

これらがあるから、IIJは速くて・安くて・高品質を感じます。

つまりはこちらです。
IIJmioメリット
※IIJmioページへリンク。

音声通話も含めて考えると

実は音声通話については、私は現在Willcomの契約をして、あの「10分まで月500回無料」という恩恵を受けまして、「月額5000円」くらいの通話料に抑えています。
その前はソフトバンクのケータイを音声通話で契約をしていましたが、その際は「月額3万円」でした。かなり使うわけです。電話。

しかし、今度ドコモが出す新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモにある、カケホーダイプランは電話が多い私にとっては非常に魅力的。

ドコモの契約はこれで手放せなくなりました。

Willcomを解約して、ドコモのカケホーダイプランとIIJmioの1GBプラン、これがもっとも安いと思います。

そして、私はIIJmioをNEXUS5に入れて、タブレット的に使い、ドコモのSIMをXperia SXという現在スマホで最軽量の機種を電話専用として使います。
キャリアメールはドコモに残して、ドコモメールにし、IMAPで受信できるようにしてNEXUS5でも受信する。LINEなどもNEXUS5

これが6月以降一番よい使い方じゃないかと踏んでいます。

※Xperia SXでデータ通信を切ると、すさまじく電池の持ちがよいです。結局、データ通信がかなり容量を食う動きだということだと思います。
※もちろんデータ通信端末なのでNEXUS5ではなくNEXUS7でもよいです。電池はNEXUS7のほうがよいです。私はあまり大きな端末はもちたくないのでNEXUS5にしています。
※電池はNEXUS5の場合はSMS契約があるほうが電池の持ちはよいようです。

まとめ

ドコモのカケホーダイが出てきたため、電話はドコモ、データ通信は安いIIJmio。というのがよいのではないかと思います。

IIJmioとNEXUS7(2013)LTEも気になるところ。

NEXUS7(2012)Wifiは持っているのでちょっと使ってみよっと。

IIJmioメリット