考え行動するリーダーシップ。考えが先行してしまう人

リーダーシップ

考えることはとても必要なことですが、ビジネスでそれ以上に必要なことは行動すること。

ロジカルシンキングとか、ポジティブシンキングとか、MBAとか、コンサルとか、いうけども、頭で考えるだけでは、周囲に何も生み出さない。

 
行動しながら考えて、行動する。

行動が先行して、結果も行動にならなければ、世の中は動きません。

 
また、「質より量」という言葉が、「量より質」より下のこととしてとらえられがちです。

 
しかし、ビジネスの世界では「行動量が多くなればあとから質が付いて」きます。

そして、結果的に質が高い行動がとれるようになります。

100考えて、10行動するよりも、
10考えて、100行動するほうが、
圧倒的に成果が出ます。

 
しかし、この行動につながらない人がとても多い。

この壁を超えるのにオススメな攻略法は、成果につながる行動のうち、自分が得意な行動をとにかく実行する、です。
周りに効率的ではない、と言われながらも、1日中やってみます。

得意な行動は苦にならず、実行スピードも上がります。そして何かしら目の前で変化が起こります。
なぜかと言えば、今までそこまでとことんやったことはないからです。

何事もとことんやると変化が起こります。

中途半端に止めてはいけません。やりきります。

 
すると、「行動すれば変化が起こる」ということを体感できます。

この経験を出発点にすれば、自信もついて、次の新しい行動に取り組めるんですけどね。

 
このプロセスにはコーチがついたほうがいいですね。もしくは上司・マネジャー・パートナーがその行動を認めて、成果が出るのを待ってあげる必要があります。そして全力で実行することを応援するのみです。

目標と自己の行動を一致させること。
行動をし、量をこなすこと。
変化を実感すること。

この3つを行うことで、考えと行動を両輪で実行できる人に近づきますね。

1日ではだめですね、習慣にできたら、すぐに新しいリーダーが生まれてくると思います。