驚いた。銀だこマーケティング – コロンバスのメルマガ7号

 コロンバスのメルマガ 7号/2015年2月12日木曜日
 [ 驚いた。銀だこマーケティング ] ================================

こんにちは。緒方です。

ブルーボトルコーヒーが上陸しましたね。
↓ブルーボトルコーヒー 日本サイト・清澄白河店
https://bluebottlecoffee.jp/cafes/kiyosumi

清澄白河はさまざまなコーヒー会社の焙煎所がある
コーヒー活況の場所なんですって。

でも駅から10分ほどの住宅地にあり、
営業時間は8時から19時。

メインターゲットは地元の主婦の方々でしょうか。
ブランド引力はどれほど強いものか。

今後が楽しみですね。

今度行ってみます。

さて、今日はご存知たこ焼きの「銀だこ」のあるツールが
”すごかった”という話です。

■■■正月にイトーヨーカドーの銀だこを買いました■■■

我が家の近くにはイトーヨーカドーがあり、そこで正月に
銀だこを買いました。

さすが銀だこ。正月でも行列です。
結構待ちますよね、銀だこ。

行列に並んでいると、正月恒例の福袋。銀だこ福袋です。

 たこ焼き引き換え券 2枚(通常のたこ焼きが無料)
 たこめしの素 1つ
 クーポン付カレンダー

が1000円です。

たこ焼き引換券をその場でも使える上、550円もする
たこ焼きだから2枚もあれば1100円の価値。

はい、私、すぐに購入。

順番が来てたこ焼き引換券でたこ焼き一つ購入して、
帰りました。

私は、この福袋について、

 たこ焼き引き換え券2枚を使わなかったら1000円も払って
 損だけど、我が家はたこ焼きみんな好きだし、使うでしょう。
 うんうん、先に支払わせておいて、使わなかったら
 もうけモンの商売なんでしょうよ。
 その手には乗りません。

なんて思っていたら。。。




福袋に入っている、クーポン付カレンダーが素晴らしい
グロースハックツールでした。

■■■銀だこカレンダーの6つのポイント■■■

さて、銀だこクーポン付カレンダー。写真撮りました。

これです。ぜひご確認ください。
http://www.clmbs.jp/blog/?attachment_id=1377

いくつかポイントがあります。
画像と合わせて、下記の6つのポイントをご確認ください。

----------------------------

【1】福袋を有料で販売している
 →無料券を有料で買ったようなものだし
  私のどこかで得したい気持ちが生まれる。

【2】カレンダーに毎月使える100円引きクーポンがついている
 →私の気持ちからすると、お、これ使おうよ。となる。

【3】カレンダー型だからテーブルに置いておける
 →使いたいクーポンがあってしかもカレンダー。
  ならテーブルに置こうか。

【4】カレンダーには月に3回ある「8のつく日はポイント2倍!」も
 すぐにわかって目に入るようになっている。
 →クーポン使うなら8のつく日に行こうかなと思う。

【5】ポイント使いたいならアプリをダウンロードしよう!
 →どれだけ貯まるかわからないけど、忘れたらもったいないから
  ダウンロードしておこうか、と思う。

【6】毎日銀だこさんが我が家の食卓に居る。
 →カレンダーを捨てない。家族みんなも忘れないように
  近くに置いておこう。(→食卓に置きました)

----------------------------

こんなにたくさんメリットもあるけれど、
このツールで一番大事なことは、カレンダーであることでも、
毎月クーポンがあることでもないと思います。

■■■銀だこマジックの本質■■■

私が思うに、この銀だこカレンダーが絶妙に素晴らしいのは、

 有料で販売して福袋を購入させている
 無料引き換え券をその場で使って商品を購入している
 少し得した気分になっている。
 そしてもっと得できるカレンダーを手に入れてしまった。

ということ。

○有料で買ったにもかかわらず、得した気分になっていること。

を生み出した点がとても重要だと思います。

もし、福袋ではなく、ただ単にこのクーポン付カレンダーを
無料で配っていたら、

 無料でもらった
 その場では商品購入には使わない
 家に持って帰るがありがたみがないので、
  いつのまにかなくなる

というお客様もとても増えることと思います。
結果使われない。

マーケティングは、心理戦です。行動心理学も活用されます。

福袋とカレンダーを活用した銀だこマーケティングの本質は、
思考と心理を読み取ったプロセスと仕組みにあると思います。

■■■私たちができること■■■

顧客の心理を考えずにツールに走るマーケティングは
費用だけが先走り効果が半減します。

営業さんもマーケティング担当者も仕事に関わる人はすべて
しっかりお客様の心理を掴みたいですね。

私たちが企画をするのであれば、

・無料の施策ばかり提案しているなら、有料の施策も検討してみよう。

・お金で得させるなら、何度も買わせる仕組みを考えてみよう。

・これ使いたい、と思わせるのは継続接点の仕組みがあるとよい。
 カレンダーも接点として使えるかもしれませんね。

今まで考えていなかったことだから、自分の思考の枠をいかに超えられるか。
とてもわくわくしますね。

よく、顧客視点を考えろ。というけれど、
顧客視点より深い、顧客心理。
銀だこは相当に深かった。

感動したので、今度銀だこさんにどうやって企画しているのか
聞いてみようかな。成長の秘密が隠れているのかも。。。

あと、私たちもよい企画を考えて実行したいと思います。

では、また次回メルマガをどうぞよろしくお願いします。

----------------------------

▼身の回りで面白い感心したマーケティングの実体験があったら
▼ぜひ教えてください。

※今回のメルマガに関するご意見ご感想はこちら。
 メルマガご意見BOX:mailzine@clmbs.jp

----------------------------

ご登録はこちら【コロンバスのメルマガ】