言葉一つでそっぽを向く

本当に言葉はむつかしいですが、言葉は相手に良い印象も悪い印象ももたらします。
悪い印象があると、相手はすぐにそっぽを向いてしまいます。
よい印象があると、相手はとても親しくなります。

これは、新規の営業でも、友達の会話でも、なんでも同じ。
言葉に出たときに、相手は「心」を感じます。

人は本当になかなか奥が深いです。
コミュニケーションは本当に奥が深い。

 

ひとつのことばでけんかして
ひとつのことばで仲直り

ひとつのことばで頭が下がり
ひとつのことばで心が痛む

ひとつのことばで楽しく笑い
ひとつのことばで泣かされる

ひとつのことばはそれぞれに
ひとつの心を持っている

きれいなことばはきれいな心
やさしいことばはやさしい心

ひとつのことばを大切に
ひとつのことばを美しく

 
小学校の教科書に載っているそうです。

言葉の使い方のテクニックを書こうと思いましたが、辞めました。

自己啓発のようになってきますが、相手のことを考えて、相手が受ける印象を考えて、言葉を選んでいたら、だんだん気持ちがこもったコミュニケーションが取れるようになってきますね。

注意したいと思います。

※引用の詩は、北原白秋さんの詩だと言われていますが、詳細不明です。

 
セールス&マーケティングサービス「ENGINE」
セールス&マーケティングサービス「ENGINE」