ビジネスは浮気で成り立つ – コロンバスのメルマガ 14号

pool

 コロンバスのメルマガ 14号/2015年6月25日木曜日
 [ ビジネスは浮気で成り立つ ] ================================

こんにちは。緒方です。

私にはいくつか「この話は本質だ」と思う言葉や話がいくつか
あります。

そうですね、それぞれ”深い―話”なのですが、

 お金は天下の回りもの
 人が集まるところにお金は集まる
 1億の売上よりも1億の借金
・・・

お金ネタばかりになってしまいましたね。笑

お金ではない話で、かつ現場に近い話に、

 お客様は浮気性

という話があります。

さて、今日は浮気の話。

あなたは浮気、好きですか?嫌いですか?なんて。笑

——————————————————

 ■相手と私が考えていること

——————————————————

 仕事をご一緒する

というのは

 パートナーとしてビジネスをする

ということだと思います。

新しくパートナーとなるお客様や協業先、発注先を
見つけられることは、素晴らしい出会いだと思います。

そして、継続して仕事をお互いが続けられることは
なおのこと素晴らしいことだと思います。

ビジネスは受注側と発注側がいますが、
一方で、発注元は【ほぼ100%の確率】で
新しい発注先を探しています。

新しい発注先探しは

 日常的に探すこと

もあれば、

 年に一回や半年に一回、発注先を新たに探す・選定する

こともあります。

発注元というのは仕事上は浮気性の人が多いということです。

よりいい人(発注先)がいれば試しに付き合ってみる。

とても良ければ、浮気でなく本気で発注先を切り替えます。

一方、発注先(受注社)は新しい顧客探しをしている
確率は100%ではありません。

営業担当は既存顧客のほうが案件獲得率も高く、
売上も安定化させられますので、既存顧客に力を注ぎます。

このことは戦略上もまったく持って問題はありません。

また、顧客満足を高めるためにも必要な行動です。

ただ、この発注社心理と受注社心理に、意識のギャップが、
そもそもある、と理解したほうがよいと思います。

お客様は浮気性。

だから私たちは何を考え行動するか。

——————————————————

 ■出会いはたくさんある

——————————————————

私たちは3つのことを考えます。

○一つ。

お客様は本当は浮気をしたいわけじゃないです。

「本当は本気の恋愛をしたい」わけです。

「長い付き合いができるパートナーを探している」ということです。

双方が本気であれば、

 相手にとってNo1であり続ける

 業界でもNo1であり続ける

 No1を目指す・目指し続けている

ことがやっぱり重要だと思います。

お客様・パートナーのためにも今日より明日、明日より明後日、
成長することが大切です。

○二つ。

つまり、新しいパートナー探しは世の中でたくさん起こっていて、

 「新しい仕事の機会は世の中に無数にある」

ということです。

 昨日はビジネスの話にもならなかった人が、
 今日突然連絡があって仕事の相談をされた。

という経験も私にはあります。

新しい仕事は日々、生まれています。

○三つ。

お客様はいろいろと浮気もしますが、本当によい
サービスを提供していて成長を続けていれば、

 「お客様は帰ってくる」

ということです。

もちろん自分たちが成長できていなければお客様は帰って
きません。

でも、きちんと仕事をしていると、離れたお客様と
また仕事ができるんです。

すごいトラブルを起こしてしまったお客様でも、
また仕事はできるものです。

——————————————————

 ■今、何ができるか

——————————————————

そう考えると、たくさんできることがあります。

・新人の方は先輩の名刺をもらって再度お客様に挨拶に行く

・既存のお客様に今の取引の満足と課題を聞く。
 そして課題を解決する

・新しいお客様を探すときに「すでに取引先がある」は
 うれしい言葉に聞こえる(つまり発注切り替えのチャンスがある)
 ため、新しいお客様探しが楽しくなる

・一度断られても「あ、今じゃないだけね」とまたコンタクトを
 取ることができる。つまり今までに断られた会社に
 再度現状を聞いてみる

・短期的な戦略と長期的な戦略、戦術を見直してみる。
 自社の顧客リスト、今までの取引量、数年付き合っていないが
 以前は大きな取引だった会社など。

私は 一度離れたお客様ともまた仕事ができる、と知ったとき、
あ、そうなんだ、と気が楽になりました。

 大変なプロジェクトでご迷惑をおかけしたお客様とも
 またお付き合いできるんだ。

 コンペに負けて仕事ができなかった会社でも仕事ができる。

 こっぴどく怒られたお客様とも仕事はしてよい。

そう、一度離れたとしてもまた仕事を一緒にできるんですね。
お互いにまた認め合えれば。

そう感じたことがとても大きな財産になっています。
些細なことかもしれませんが、一つの視点で行動は変わります。

ホント仕事は面白い。ですね。

私たちもまた皆様への提案の機会を作らせていただきます。

新しいお仕事をご一緒させていただけたら幸いです。

では、次回メルマガもどうぞよろしくお願いします。

(次号は、7月9日木曜日を予定してます!)


【メルマガ登録はこちら】コロンバスのメルマガ