SWOT分析の使い方

大学1年の丸谷です。
「強み」とか書いていたら、「SWOT分析」というのがあると言われて調べました。

SWOT分析

あなたの会社の強みがわからない人は、なぜわからないのかをまず考えてみるべきかなと思います。

その理由はいくつもあるでしょう。

まず私が考えるのは、情報収集の不十分さ。私の周りでは、自分が将来何をしたいのかわからないという人が多数います。それはただ単に情報のインプット量が少ないからではないだろうと個人的に思います。世の中で何が起こっているかや、どういう職業があるかどうかなど知ろうと努力をしないと当たり前のことだがいつまでたってもその状態なのです。

情報収集をして自分の会社を分析する。

例えば分析の方法だとSWOT分析があげられます。

SWOT分析とはS:強み、W:弱み、O;機会、T:脅威の頭文字をとったものです。

自分の会社の外部環境と内部環境を見てこれら4つのカテゴリーに分けられます。

外部環境とは

政治動向、規制、経済・景気、社会動向、技術動向、業界環境の変化や顧客ニーズなど自社の努力で変えられない要因を指します。これら外部環境を分析して、機会(O)と脅威(T)を導き出します。

内部環境とは

自社でコントロールできる要素であり、SWOT分析で具体的に言えば、強み(S)と弱み(W)に当たります。

SWOT分析を使うコツ

SWOT分析のコツはたったひとつです。

SWOT分析では、「変化」に着目

します。

市場や業界の変化に対して、自社が競合よりも優位にビジネスを進めことができるかを明らかにします。

会社の経営をする上で『強み』、『弱み』を知ることはとても重要なことです。SWOT分析を使うことによってあなたの会社を成長させることがができることを祈っております。