靴磨きの店舗ビジネスから学ぶ - コロンバスのメルマガ45号

 コロンバスのメルマガ 45号
 2017年1月19日木曜日
 [ 靴磨きの店舗ビジネスから学ぶ ] =====================

こんにちは。緒方です。

皆様、1月に入っているのに何を言っておるか、と
怒られそうですが、、

 大掃除はしっかり終わりましたでしょうか?

私、大掃除は終わっていましたが、
年末から

 「あーやらなきゃ」

と思っていた未完了の掃除がありました。

それは

 靴磨き

です。

ビジネスマンに大切な革靴のお手入れです。

新年始まってもやっぱりできていませんでした。

ということで。

行ってきました。
人生初めての「靴磨き屋」体験。

今回は、靴磨き屋に行った初体験を
マーケティング視点で分析します。

---------------------

■靴磨き屋のブランド

---------------------

さて「靴磨き屋」にはどんなイメージを
お持ちでしょうか。

私の靴磨き屋さんのイメージは、、、

 帝国ホテルの地下にある、日本一の靴磨き屋

から発想されます。

  私の中の靴磨き屋ブランド。
 「靴磨き。ホテル。職人。最高。」

靴磨きを人にお願いするなんて、
私には贅沢な体験であります。

まだ自分には早いだろう。
ホテルの靴磨き屋に行けるほどの人間には、
まだなってない。

でも、「あー靴磨きやらなきゃ」と悶々と思っている
くらいであれば、
 贅沢して思い切って行こう!靴磨き屋へ!
と決めました。

---------------------

■新橋の靴磨き本舗さんでの体験

---------------------

最近新橋に行くことが多かったのですが、
年末から靴磨きのことが頭にあったので、
新橋駅地下にあった看板をしっかり記憶して
おりました。

新橋界隈にはまだ多い、独特の昭和な建物の一つである
新橋駅前ビルを奥に進むとありました。

靴みがき本舗さん。

席は3席のみ。

お店に着いたときにはひとりが外で待っていました。

初めてなので受付があるのかも分からず並んでいる方に
聞いてみたら、横にある丸椅子に座っていればよい、
とのこと。

外にはメニューも書いてありました。

初めてですし、またリピートして使ってみようと
思っていたので一番安いClassic Shine(1080円)を
チョイス。

回転率は速く、待つこと5分ほどで
自分の順番になりました。

簡単に汚れを落として、
靴墨&WAXを磨き重ねると、
見る見るうちに光り輝く革靴へ!

これは本当にすごい。面白い。
言葉では伝えきれないことが残念。

靴磨き本舗さんのWEBサイトをぜひご確認ください。
革靴が本当に光り輝きます。

また職人さんも手際がよい。

そして、職人だけに、寡黙。黙って仕事をこなす。

満足してお店を出ました!

新橋のビジネスマンが行きかう中で、
勝手に戦闘力が上がった気がしていました。
(↑購入後の満足感。大事ですね)

---------------------

■靴磨き店舗ビジネスについて

---------------------

この靴みがき本舗さん、靴磨きをしていただいている
間にリサーチしました。

・店舗にあったショップカードを見ると
 ここ新橋が本店。

 なんと新橋の第一ホテル、
 赤坂のANAインターコンチネンタルホテルにもお店がある!

 つまり「ホテル品質」ということです。

・小さなスペースでよいので出店場所を
 探しているようでした。

 客層がマッチすればとても良いサービスだと思います。

・1080円の私のコースにかかった時間は10分前後。
 2160円のコースは15~20分。
 3240円のコースは25~30分。
 よくあるマッサージ店と同じような価格帯。

・お客さんは私と同じようなアラフォーの男性が多い。
 みんな身なりを気にしていそうで、
 ちゃんとしていそうな方々。
 客層がさすがです。

・職人さんは手際が良い。口数少ないですが、しっかり
 仕事をこなしてくれました。

・集客はおそらくWEBサイト、メディアでのPR露出、
 わかる範囲で分析するとアクセス数は正直少なそうで、
 新橋の駅地下の通路にある目立つ看板がメインでは
 ないかと思います。

・そして一度利用してくれた人のリピート率が
 ある一定量ある。

・お店の方々を見ていると、5分~20分の靴磨き中に
 行っていることは、
  ・睡眠
  ・スマホ
 どちらか。

 私もスマホを触っていました。

まとめると

・セグメント・ターゲット
 40代前後以上、ビジネスマン。革靴利用者。
 店舗型ビジネスのためエリア選択は重要。
 客層と合うエリア、また地価が安いことも重要。

・ポジショニング・強み
 自分で行うより手間がなくきれいに仕上がる。

 靴修理のミスターミニッツなどと異なり、
 職人が目の前で仕上げてくれる。
 (コト価値の提供)

 職人が目の前で仕上げてくれ、見る見るうちに
 光り輝く靴になる体験提供。

 職人が手を入れることで良い靴を長く使える。

 忙しいビジネスマンの休息の場所。

・他店との差別化
 検討なし。市場があまり大きくなく立地の要素が
 大きいため、差別化にフォーカスする影響は
 小さいと感じます。 

・集客
 新橋の看板、評判によるwebでの露出などから。
 雑誌にも出たりしているようです。

 ただ立地による力が大きそうです。

・リピート化
 体験をすると1000円、2000円以上の価値があると
 感じます。リピートしやすいのではと思いました。

・競合
 手軽な預かり型の靴みがき屋も多くあります。

 また自分で靴磨きを行う、ということも
 競争相手だと思います。自分のひと手間をかけたら
 できること以上の価値を提供する必要がありますね。

・教育・顧客サービス
 教育は徹底していそうです。職人によらず
 技術が安定していそうな印象です。

収益を伸ばしにくいビジネスだと思いますが、
リピート率が高そうです。

---------------------

■今後のマーケティング施策の想像

---------------------

ここからは勝手な想像で頭のトレーニングです。

マーケティングの施策として考えると、

・集客面(新規顧客の獲得)
・リピート率向上施策(利用期間限定クーポンなど)
・顧客単価アップ(クロスセリング)
・店舗外の活動強化(出張や預かり靴磨き)

がおよその方向性だと思います。

また、おそらく最も集客の費用対効果が高いと
思われる施策は、

 テレビでのメディア露出

ではないでしょうか。
テレビを狙うのはアリだと思います。

過去のニュースを見てみると新聞・ラジオ・WEBは
ありますがテレビはなさそうです。

以上、靴磨き本舗さんの社内マーケ担当になったら
何をするか、考えてみました。

一番は、テレビに出ることを今までの人脈から方々に
相談したり、メディアさんに積極的に
アプローチします。

またスマホアプリ会員証などのリピート施策は
行いたいところです。

ポイントたまると1つ上のサービスが受けられる
(実質1000円分)など。

もし皆さまも何かこうしたらよいのでは!?と
アイデアがありましたらぜひ教えてください。

弊社のお客様にも紹介や提案ができるかもしれません。

——————————————————

週刊GEOGIAでも紹介されてます。(八重洲店)

ゲン担ぎで磨きに来る人もいるようです。なるほど。
また今の価格前に、値上げして売り上げを伸ばしたようです。
さすが。

蒔田さんのこの記事、なかなか深いです。
ぜひご一読を。

——————————————————

今回もありがとうございました!

次回のメルマガも
どうぞよろしくお願いします。

(次号は、2月2日木曜日の配信を予定してます。)


【メルマガ登録はこちら】コロンバスのメルマガ