1%のレア人財になる方法 – コロンバスのメルマガ52号

コロンバスのメルマガ 52号
2017年5月31日水曜日

[ 1%のレア人財になる方法 ]

===================

こんにちは!緒方です。

最近ハマっているものがあります。
Salesforceです。

 いまさら?
 めんどくさいやつ?
 食べられる?
 あの月額費用が高いやつね。

いろいろな声が聞こえてきそうですが、
さまざまな作業を自動化できるため、
エクセル作業の工数を削減できております。

 毎週必要な定例会議レポート作成
 目標達成進捗管理
 売上見込み管理
 業務上の質問FAQ蓄積(問い合わせ管理)

など、継続的に整備をして業務改善を行っております。

Salesforceは便利ですが、AIを今後取り入れるそうで
もっと便利になりそうです。

▼Salesforce
https://www.salesforce.com/jp/

Salesforceに限らず自動化ツールを取り入れたい
場合はご相談ください。

さて、そんなオペレーションの自動化を
日々行いながら、本日は、

「 1%のレア人財になる方法 」

について考えます。
強みの作り方のお話し。

-----------------

■稼げる1%の人

-----------------

まず、こちらの記事を紹介します。

西野亮廣も驚く「稼げる1%の人」になる方法
http://toyokeizai.net/articles/-/156340
東洋経済オンライン

藤原和博さんと西野亮廣さんの対談です。

簡単にまとめますと

・稼ぐには100人に一人になれ。1%。

・1万時間を投じれば1%になれる。

・時間をかけることはすごいこと。

・やり続けることで誰にもかなわない結果が出る。

・普通の人も100人に一人になれる。

・複数分野で1%になれば、掛け算により
 1万人に一人のレアになれる。

というお話しです。

そして、1%になるためには

 時間と掛け算

が大切だとおっしゃっています。

-----------------

■1%になるための条件

-----------------

私は、さらにもう一つ、条件があると感じています。

それは、

 自分自身の強みで勝負する

ということ。

もちろん仕事の話ですので、お客様・関係者に

 価値を提供する

必要があり、
最も高い付加価値を相手に提供する方法の一つは、

 強みを提供する

ことです。

藤原さんのおっしゃる

 1%の人財になり、稼ぐ人材になる

ということは、マーケティングのポジショニングの
お話しだと捉えてます。

ポジショニング、強み、差別化。
他社との差別化をいかに図るか。

強みを磨き1万時間投資をする。

1%のレア人財になれる。
 (独自のポジションを創り出せる)

さらに、複数分野で1%になることで
1万分の1のオンリーワンになれる。

-----------------

■強みの作り方・気づき方

-----------------

改めて、自社の強みを定期的に見直し、
再定義すること。非常に大切です。

強みは自己分析・自社分析も必要です。
しかし、忘れてはならないことは、

 お客様からの評価

これがとても大切です。

お客様からの評価であり、かつ、
「自然体でできること」。

これを見つけられると強みになります。

自分たちが自然にできることなのだから、
積極的な取り組みもできますし、
結果的にさらに強みを伸ばすこともでき、
そして、お客様からも評価される。

自社の強みはお客様に聞いてみる、が効果的。

弊社も最近いくつかの企業様から良い言葉を頂戴し、
なるほど!と自分たちでは気づかなかった強みを
再発見できました。

本当に感謝です。

皆様も改めて聞いてみてはいかがでしょうか。

弊社も6月で3期を終えるところです。
ありがとうございます。

4期以降、さらなる成長のために
強みを改めて確認し、他社では提供できない価値を
皆様に提供していきたいと思います。

-----------------

もう3年前ですが、こんな記事も書いておりました。

▼1%はとても大切です!マーケティングにおいて。
 コロンバスのブログ

1%はとても大切です!マーケティングにおいて。

視点は今回の1%とは別の視点でとらえています。
人の視点は面白いですね。

-----------------

今回もありがとうございました!

次回のメルマガも
どうぞよろしくお願いします。

(次号は6月中旬の配信を予定してます)