玉子屋さんの失敗するこつ – コロンバスのメルマガ 57号

コロンバスのメルマガ 57号
2017年11月7日火曜日

[ 玉子屋さんの失敗するこつ ]

===================

こんにちは。緒方です。

さて、ハロウィンが終わり、もう町は
クリスマス気分に移ろうとしているようで、
こちらも年末気分を前倒ししたいと思います。

 忘年会
 年賀状
 年末年始進行の仕事

はい、やりますよ。

今日のテーマは、

「失敗するこつ」

という話です。

おべんとうの「玉子屋」さんの企業理念の
お話しです。

-----------------

■玉子屋さんの企業理念

-----------------

下記の記事で知りました。

おべんとうの「玉子屋」さん。

▼Yahooニュース
必見!450円弁当で絶好調の玉子屋に伝わる「これをやると失敗する12のこと」

この「失敗する12のこと」は
玉子屋さん企業サイトに行くと
企業理念として紹介されています。

元は150年前のお寿司屋さんの言葉だそうです。

▼おべんとうの「玉子屋」
 企業理念:事業に失敗するこつ
http://www.tamagoya.co.jp/company/

-下記引用-

事業に失敗するこつ

01、 旧来の方法が一番良いと信じてていること。

02、 もちはもち屋だとうぬぼれていること。

03、 ひまがないといって本を読まぬこと。

04、 どうにかなると考えていること。

05、 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること。

06、 良いものはだまっていても売れると安心していること。

07、 高い給料は出せないといって人を安く使うこと。

08、 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること。

09、 機械は高いと云って人を使うこと。

10、 お客は我がまま過ぎると考えること。

11、 商売人は人情は禁物だと考えること。

12、 そんなことは出来ないと改善せぬこと。

-引用ここまで-

どきっとしてしまうような、いい言葉が並びますね。

-----------------

■やってしまっている失敗するこつ

-----------------

私が思わずしてしまっている失敗するこつは
下記があるなと感じました。

03、 ひまがないといって本を読まぬこと。

先週も本を買いました。でも読めていない。

読めていないのは、まさに暇がないという
言い訳を自分にしているので、

本を読みます。

04、 どうにかなると考えていること。

どうにかなる、とどこかで思っている自分が
います。

目標目的の実現に向けて、もっと貪欲に
もっと高い視点で、物事を進めます。

05、 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること。

むやみやたらは確かに良くないです。

しかし、
むやみやたらになっているかもしれない、
と感じることもあります。

注力することを定めます。

玉子屋さんの「12のこつ」は
自社の判断基準に対する
チェックシートになってよいですね。

-----------------

■基本の判断基準にしてみたら

-----------------

この「12のこつ」は「事業に失敗するこつ」と
書いてあります。

しかし、そっくりそのまま、マーケティングにも
セールスにも通じる基本の判断基準とも
感じます。

知らないうちに自分の組織、もしくはあなた自身が
失敗するこつを実行していませんでしょうか。

デジタル化が進むマーケティング業界も、
人脈や人が大切なセールスも、
実は「12のこつ」のような数値化できない習慣が
3年後、5年後、10年後の結果を左右します。

改めて、失敗するこつを一つ一つチェックすれば
さらなる事業成長に向かっていけるのかも
しれませんね。

ぜひ皆様が思わずやってしまっている
「失敗するこつ」をお教えてください。

自分の中で閉じ込めるのではなく、
失敗しないぞ!と決めて
人に伝えたほうが成功率が高まりますよ。

—————————

今回もありがとうございました!

次回のメルマガも
どうぞよろしくお願いします。