2018年マーケティング事件簿 – コロンバスのメルマガ64号

コロンバスのメルマガ 64号
2018年12月27日木曜日

[ 2018年マーケティング事件簿 ] ==================

おはようございます。

コロンバスプロジェクト緒方です。

本日12月27日で今年の営業を終えます。

弊社としては、
昨年2017年のほうがだいぶ大変で、
今年2018年のほうがだいぶよかった1年でした。

※プライベートは大事件があったり、
 驚きもあった1年でしたが、無事健康に
 過ごしております。

本当にありがとうございます。

今日は、そんな2018年に起きた
BtoB、テクノロジー、マーケティング関連の
出来事を振り返ってみたいと思います。

「2018年マーケティング事件簿」です。

今日、明日が最終日の方も多いと思いますので、
息抜きにお楽しみください~!

-----------------

■ガートナーのハイプサイクル

-----------------

2017年から、私も確認していますが、
米ガートナー社が発表している、
テクノロジーのハイプサイクル。

10月に日本の最新ハイプサイクルを発表しました。

▼「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年」
で40のキーワードを抽出――ガートナー発表
EnterpriseZine
https://enterprisezine.jp/article/detail/11273

この中でビッグデータが
「安定期に入る前に陳腐化」するとの
コメントはそんなこともあるんだ、と
興味深く感じました。

当たり前のこととして言葉が使われなくなる
イメージでしょうかね。

テクノロジの捉えるタイミングの参考には
なると思います。

企業規模によらず早すぎず、遅すぎず、
テクノロジーの導入タイミングは
とても大事ですね。

-----------------

■PayPay100億円キャンペーン

-----------------

100億円キャンペーン。すごい勢いでしたね。

キャンペーン施策としては話題にもなり
金額も大きくかなり広範囲に認知された施策に
なったと思いました。

今は終了告知になっていますが、まだ実は
500円プレゼントやっています。

▼「100億あげちゃう」キャンペーン|PayPay株式会社
https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

私はユーザーとして扱いながら、
BtoB=店舗への導入の視点でとらえて
観察しております。

このキャンペーンによりPayPayにお金が
残っている方がかなり増えるため、
PayPayで支払う予備軍が多数います。

これから店舗への導入を
さらに水面下で進めていくと思います。

個人的にモバイルペイメントは最終的には、
加盟店舗数が多い会社が勝つと思っています。

この数か月~来年末ころでPayPayが
店舗数No1を宣言できるかが、
シェア争いの注目点、と思っています。

システム的な問題も抱えているので、
市場がどう受け取るかですが、
加盟店側に問題がなければ導入する可能性が
高いと考えています。

このテーマについてはいろいろと書きたいですが、
またそれは今後ブログにて。

-----------------

■インサイドセールスが注目される

-----------------

先週メルマガ63号でご案内した、
「インサイドセールス」が
「マーケティングオートメーション」を
検索数で上回ったという話。

インサイドセールスがこれほど注目される
存在になるとは思っていませんでした。

今回、私たちが注力して取り組んでいたことが、
あとから世の中で盛り上がっていくことを
体感しております。

初めての経験ですが、大変勉強になっており、
今後非常に活かせる経験に
なっていると感じております。

-----------------

■米国BtoBマーケのトレンドの追いかけ

-----------------

”米国BtoBマーケ界10のトレンド
外部データ活用からSNS&顧客DBの名寄せまで”
https://markezine.jp/article/detail/27514

この記事について昨年12月22日のメルマガで
書いていました。
▼米国マーケの先取り – コロンバスのメルマガ59号

米国マーケの先取り – コロンバスのメルマガ 59号

○ABMはファイナンス面でも効果がある
→2017年末からありましたが、
 ABM関連のテクノロジーが多数登場

○営業とマーケの連携が深まる
→インサイドセールスが注目されている

○WEBでリードジェネレートさせる方法
→BtoBでもチャットボットの導入が進んだ
 KARTEのプレイド社は
 資金調達27億円。

2019年も引き続きマーケティングテクノロジーは
多数登場すると思いますが、
スピーディにトライして、
スピーディに切り替え・継続利用を決めていく、
という現場のスピード感が変わらず大切だなと
感じております。

海外の景気減速感も出てきており、
2019年はしっかり運営をして、
既存のお客様との仕事を重点的に行うことが
大変重要になると感じています。

新規契約→継続のお取引を続ける、
が大切なことは昔から変わりませんが、
今まで以上に重視していきたいと
思っております。

ということで、
2019年もメルマガをご購読いただいております
皆様に、よい情報を提供していくぞ、
と思います。

今年もありがとうございました。

がんばりますので、
また来年もどうぞよろしくお願いします。
m(__)m

-----------------

(つぶやきです)

現在、ステルスで新サービスを展開中です。
ふふふ。

-----------------

次回のメルマガも
どうぞよろしくお願いします!