(連載2回)初めてだらけの案件 – コロンバスのメルマガ 70号

コロンバスのメルマガ 70号
2019年10月17日木曜日

[ (連載2回)
 未整備の会社で初めてだらけの案件 ]

==================

コロンバスプロジェクト緒方です。

営業として参画させてもらった会社は
新卒入社した会社で新規事業を
一緒にやっていた人が立ち上げた会社。

そのころまだ3名。
3年目。
企画制作会社。

3名といってもパートの人もいて、
整備はまだまだできていません。

実績資料だけで営業し、
WEBサイトも充実しておらず、
人脈中心に仕事していました。

そのような状況ですので、
営業して、提案するのも、ディレクションも
すべてやらないといけません。

また同時に新規事業も進めていたので、
事業立ち上げ、サイト制作、
もちろんコンテンツや運営の業務フローなどなど、
スタッフはいますが、みんな初めての体験なので
行き当たりばったりのことも多く、
毎日事件勃発です笑

それでも、個人での事業に比べたら、
ちょっとしたことを相談できたり、
作業を少しでもお願いできる人がいる、
仲間がいる、ということは
大変ありがたかったです。

参画して数か月後、私が作成していた
「成果報酬型ランディングページ制作」
のサービスをきっかけに、
上場企業IT企業から、企業サイト
リニューアルのお話をいただきました。

この案件は初物だらけで、

・人脈外からの初の上場企業受注案件
・300ページ・予算300万円
・初の海外オフショアラインを活用

ということで、

デザインリニューアルでページ単価1万円!
過去最低価格でした。。。

私はさすがに安すぎて
あきらめようと思っていましたが、
代表は即断でGOを出し、受注。

この判断は私は今でもできなそうです。
よくやったなぁと思います。

本当に、初物だらけで、大変で、
予算とも全くあっていませんでしたが、、、

今思うとやってよかった案件でした。

上場企業実績もでき、
ある程度の規模をこなせる実績もでき、
海外制作で300ページリニューアルの実績もでき、

何より、チームでなければできない
案件でしたので、お金の問題などではなく、
国内海外含め、皆で協力してがんばって
クリアしました。

今でも笑い話もできます。
ひどく大変だった案件ほど、
自分の糧になっています。

その後、その上場企業様からは、
継続して広告運用や制作運用などのご依頼、
その他各種案件をお請けして、
大変良くして頂きました。

これらの経験からも、
小さな規模でも大きな規模でも、
初めてのことで仕事をすると、
規模が拡大する、と思います。

できると自信をもって
行動量を増やして取り組めば
初めてのことでもだいたい何とかなりますし、
実行して初めて結果が出てきます。

結果がでなければ、
振り返りも反省もできません。

何より成長できない。

このあたりがビジネスは本当に
面白いですよね。

今の延長線上ではなくて、
思い切ってジャンプして別のラインに乗る。
成長する。
醍醐味。

その後、サイトリニューアル案件でも実績を作った
海外制作モデルをサービス化し、
海外オフショア事業を開始しました。

この海外制作サービスの売り方も
よくわかっておらず、
ほんと苦労しました。

今につながる営業の手法については
海外制作サービスの経験が大きく
影響しています。

単純に言えば、安すぎるため、
営業にお客様に訪問に行っては
費用が合わないサービスでした。

そのため、

 会いに行かずに仕事をもらう。
 コンペにならずに仕事をもらう。

どうやったらそれができるのか。

この営業課題の解決方法が
今につながっています。

(第3回に続く)