企業が電子書籍をマーケティングに使う

kindle

電子書籍をマーケティングに使う。

どんな企業でも他社にはまねできない特徴や素晴らしい点がありますね。

一つのよいところにフォーカスして、電子書籍にまとめたら、十分読むに値する書籍になると思います。

ただし、人の受け売りはだめです。

自分たち独自の工夫、発想、視点、実績が必要です。

私もやってみよう。書きたいことたくさんあるので。