1%はとても大切です!マーケティングにおいて。

1percent

「1%なんて小さい、誤差だ」
という打ち合わせでの話がありました。

いやいや、ちょっと待てと。

1%はとっても大きな話だと、思うわけです。
※特にマーケや事業PL上。

ECの転換率

ECでは、アクセス数に対する購買・注文数の比率を大切にしますよね。
いわば、店舗の来店人数に対する買ってくれる人の数です。

転換率は、ECのモデルによって異なりますが、1%とも5%ともいわれます。

その1%の注文=売上&利益で会社や事業が回るわけですね。
こう考えたら、1%がとても大きくて、転換率が1%上がって2%になったら、売上も利益も倍増なわけです。

とても大きい。

経常利益率

こちら、業界別の売上経常利益率です。
EDIUNET 売上経常利益率

もっとも多い、「その他サービス業」は経常利益率3.88%です。
もし売上そのままで経常利益率が1%増えたら、20%以上の経常利益額アップになります。

イノベーター理論

イノベーター理論における、イノベーターは2.5%。

  • イノベーター(Innovators:革新者)
  • 冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。

  • アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
  • 流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。

  • アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
  • 比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

  • レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
  • 比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。   フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

  • ラガード(Laggards:遅滞者):
  • 最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。
    マーケティング用語集 イノベーター理論 日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.netより

    イノベーターとしての層を獲得できたら、影響力を持ち始めます。それが2.5%。
    1%はその4割。小さいでしょうか?イノベーターとしての影響力を感じ始めるころだと思います。

    スタートアップからしたら、1%はとても大きい。

    売上の1%とコストの1%

    売上の1%を上げると新しく何かができると思います。

    もし売上1億の企業にとって1%は100万円。
    年間100万円の利益が追加されたら、何をするでしょうか。
     
     
    コストの1%を落とせると、これも新しく何かができます。
    もし売上1億の企業で、変動コストが30%としたら、年間3000万円。1%削減で30万利益貢献ができます。

     
    このとき、売上1%あげるのは、少し努力したらできるのではないでしょうか。
    契約数を増やす。単価を上げる。価格を変えてみる。
    ※消費税3%アップはすさまじいインパクトです。

    コストの1%削減もみんなでがんばったら、削減できそうじゃないでしょうか。
    電気を消す。PCのつけっぱなしをやめる。クーラー、暖房を止める。外注費を交渉してみる。
    ※たいていの外注先は1%なら全く問題なく応じてくれます。

    体脂肪率

    個人的な話ですが、体脂肪率が1%落ちるのに1年以上かかりました。
    体重1%は70kgの場合、700gで1kgにも満たないのですぐに変動するのですが、体脂肪率は落ちません。

    1%落とすのは大変なことです。
    真面目な話です(笑)。
     

    日本の人口と1%

    日本の人口は2012年現在1.276億人。
    その1%は12.76万人。

    もし12万人もアプローチできるお客さんがいたら、どうでしょう。
    日本雑誌協会印刷部数公表より

    週刊ダイヤモンドに匹敵する影響力です。
    ダイヤモンドに広告を出すなら、12万人をどうやって獲得できるか、考えたほうが広告費が抑えられるかもしれません。

     

    数字の大きさに惑わされずに1%のインパクトを考える

    単純な数字に惑わされずに、「1%」の数字を分解して、分離して、視点を変えて考えてみたら、新しいことが発見できるかもしれませんね。