質問をやめてみる - コロンバスのメルマガ 31号

 コロンバスのメルマガ 31号
 2016年2月25日木曜日
 [ 質問をやめてみる ] =====================

こんにちは。緒方です。

さて、1週間もメルマガを配信できませんでした。

油断したのでしょうか、
 ウィルス性の胃腸炎
になりました。

この胃腸炎というものは、、、本当に仕事の戦闘力を
ダウンさせますね。インフルエンザのほうがまだよいです。

内臓は本当に注意しようとつくづく思いました。
皆さまもお気をつけて!

さて今日は、
先日参加したコーチングセミナーで勉強に
なったことから考える、

 「 質問をやめてみる 」

の話。

---------------------

■質問の効果

---------------------

営業でも日々のコミュニケーションでも、

 視点を広げる質問
 視点を変える質問
 効果的な質問
 良い質問

というものがあります。

ビジネスコーチングにおいては、
この「質問」を使うことによって
ビジネス上の成果を高め、目標達成を目指します。

質問が効果的だとわかる。
ビジネスにも使えるとわかる。

「いい質問だな!」と言われるとうれしいですね。

しかし、この「質問」はコミュニケーションにおいて、
諸刃の剣になることがあります。

コミュニケーションの基礎を理解せずにテクニックに
走ると、逆効果です。

---------------------

■質問は誰から目線

---------------------

先日参加したコーチングセミナーで
一番印象に残ったことが、

「質問というのは上から目線だ」

というもの。

なるほど、そうだ。

質問者が相手に質問をすると、

 質問者の意図
 質問の目的
 質問者が期待している答え

が感じられる場合があります。

誘導尋問になるわけですね。

もし意図があったとしても、意図や目的を
伝えていればまだよいです。

意図や目的を伝えずに、質問をすることがほとんど
だと思いますが、注意しなければなりません。

相手が誘導尋問と感じると、

「そんなことお前が考えろよ」
「どういう意味だ!?何が言いたい」
「こういうこと言わせたいのか?」
「なんか嫌だな、そんな言われ方」

など不快感を持たせてしまいます。

皆さまもたまに「いらっ!」とする質問を
上司や部下や同僚からされることがあるかもしれません。

しかし!その状況は、
コミュニケーションをよくするサインです。

質問した方は、

「目的や意図をうまく伝えられていないだけ」

で、

「質問された方がいらっとしただけ」

なので、

「質問って私も注意しているけど注意して活用しよう」

と言って、別の方法を考えたらよいと思います。

---------------------

■質問は相手によって相談に変える

---------------------

そう、質問はコミュニケーションの一つの
手段なだけですので、

 相手に視点を変えてもらいたい
 自分の目的を達成したい
 行動を促したい
 協力を依頼したい

と思ったら、「相談」をしてみます。

相談に必要なことは、

<目標の提示>私はこういう未来を創りたい
<計画の提示>私はそれに対してこう動こうと思う
<依頼の内容>このことについて意見を聞きたい、
 質問したい、依頼したい、協力してほしい

この3つです。

 目標。計画。依頼。

この3つを持つことで、コミュニケーションが
とってもスムーズになります。

お客様への営業のときもそう。
マネジメントのコミュニケーションもそう。
同僚とのコミュニケーションもそう。
家族のコミュニケーションもそうですね。
※いつも計画じゃなく、他愛もない話も
 もちろん必要です。

効果的なコミュニケーションは、
”戦略的な相談”によってうまくいきます。

そして「相談」の内側にあるのは

 「共同」「共創」「一緒に」

という姿勢。これがやっぱり大事です。

姿勢は一番大切なコミュニケーションの基礎基盤です。

私は家で、娘たちにもいつも相談してます。

1日の計画を提案してもなかなか同意を得られない
強敵です笑。

そういうときは計画に「なんか楽しそうだな」の
スパイスを振りかけます。

すると、娘たちも私も
「一緒に楽しく1日を過ごしたい」という目的が
一致します。

すんなり計画の合意が取れて、楽しい1日が過ごせます。

もし、上司部下同僚で、コミュニケーションの課題を
持っている方は、「相談」に切り替えたら
うまくいくかもしれません、ぞ。

今回もありがとうございました!

次回メルマガもどうぞよろしくお願いします。

(次号は、3月3日木曜日を予定してます。)


【メルマガ登録はこちら】コロンバスのメルマガ