COLUMBUS PROJECT

Salesforceと連携できるメール配信システム4選

2017年6月21日

世界 10 万社以上で導入されているクラウド型CRM、顧客管理システムSalesforce。

Salesforce上の情報は、顧客との今までのやり取りの積み重ねであり、企業の財産です。その顧客情報を活用して、効果的なメールマーケティングを行わない手はありません。

 

MAを選ぶ?メール配信ツールを選ぶ?

営業の新しい手法としてインサイドセールスが注目される中、マーケティングオートメーションツールも盛り上がっています。

しかし、スモールビジネス、スモール組織においては、BtoBの顧客獲得を獲得する際には、インサイドセールス費用に投資はしても、マーケティング費用は抑えたい、という初期フェーズもあります。

その際におススメしたいシステムツールは、

シンプルなSFAとメール配信

です。やはりメールによる顧客への情報提供はインサイドセールスには欠かせません。効率的なメール運営は成果量や活動量にも影響します。

SFAツールとしてはSalesforceを選ぶことをおススメします。インサイドセールスではコール業務1件1件の精度を高めるためには活動管理、多くのリードを効率的に運営するためには顧客管理が非常に重要になります。その際にSalesforceのレポート・ダッシュボード機能と、オートメーションの機能を使うことによる効率化は計り知れません。

 

メール配信によって実現できること

Salesforceには1日あたりに処理できるメッセージ数、サイズなどに制限がありますので、より効果的にメールマーケティングを行いたい場合、Salesforceと連携できるメール配信システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

メール配信システムの導入によって、下記が効果として期待できます。
 

デザイン性に富んだメールマガジン(メルマガ)やアンケート、キャンペーンメールを簡単作成
予約システム、自動配信システムなどでメールを大量配信
送りっぱなしではなく、開封率やクリック率などのデータ分析
Salesforce連携により精度の高いリード管理を実現

 
では、Salesforceと連携できるメール配信システムを4つご紹介します。

 

Salesforceと連携できるメール配信システム4選

1.Autobahn for Appexchange

企業 トライコーン株式会社
本社 日本
Salesforce Enterprise, Unlimited, Force.com, Developer, Performance
対応言語 日本語、英語、中国語(繁体字/簡体字)
特徴 セールスフォースのメール拡張アプリとしては、日本NO.1の導入実績
機能 ・配信するメールのFROMアドレスの複数登録
・配信するメールの文面の複数登録
・リードや取引先責任者以外へのメール送信する抽出条件設定
・5分に1度セールスフォース(Salesforce/Force.com)にAPIで接続。配信予約ごとに配信データを抽出し、1時間約13万~40万通のスピードで配信。
・メール効果測定(開封・クリックのスコアリング)やオプトアウトをSalesforceへ書き戻し。
・配信エラーになった顧客データに対し、値の更新や加算、エラーとなった日時や理由をSalesforceに書き戻し。
・迷惑メール対策技術DKIMに対応
プラン ・配信制限なし。1日1000通以上のメール配信が可能。
・2週間の無料トライアル
・Standard Edition: 月内総配信数100回 配信通数10万通まで
・Professional Edition: 月内総配信数500回 配信通数50万通まで
・Enterprise Edition: 月内総配信数1000回 配信通数100万通まで
5万円~※詳細は問い合わせ
URL http://apex.tricorn.net/products/autobahn/index.html

2.Synergy!LEAD

企業 シナジーマーケティング株式会社
本社 日本
Salesforce Enterprise, Unlimited, Performance
対応言語 日本語
特徴 100社以上の導入実績。テクニカルサポート、セミナー、業務密着型トレーニングなどのアフターサービスが充実(有料)
機能 ・メール配信:Salesforceの顧客(リード、取引先責任者、キャンペーンメンバーなど)に対して、1日あたりの配信回数、1回あたりの配信通数の制限なく、大量・高速にメールを配信
・フォーム作成:Salesforce上で資料請求やセミナー申込用のフォームを作成、HTML/CSS/JavaScriptでカスタマイズ可能。独自ドメイン対応。フォームで送信された情報は、見込顧客データベース(リードオブジェクト)に登録される。
・Webトラッキング:顧客がどのページを見ているのか、このページはどの顧客に見られているのか抽出可能。インサイドセールスからのコンタクトの際に役立てることができる。WebアクセスログをSalesforceの顧客情報(リード・取引先責任者)と紐づけ。
プラン ・Form Edition:フォーム作成 月額一律5000円
・Light Edition:メール配信 月額30000円~(データ件数により変動)
・Standard Edition:フォーム作成・メール配信・Webトラッキング 月額50000円~(データ件数により変動)
URL https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergylead/

3.MailChimp

企業 The rocket science group
本社 アメリカ
Salesforce Professional, Enterprise, Unlimited, Force.com, Developer, Performance
Lightning Experienceに最適化
対応言語 英語
特徴 ・英語ベース。日本語にも問題なく対応
・凝ったデザインのメールマガジン記事作成やリスト作りに最適
機能 ・MailChimpとsalesforceの顧客情報を同期させて管理。メールアドレスリストのインポート機能。
・メールデザイン、配信、マーケティングキャンペーンの追跡・分析
・凝ったデザインのメールをドラッグ&ドロップで簡単に作成。モバイルとPCの両方のプレビュー画面が確認できる。
・A/Bテストによって効果的なメール配信が可能
・ダッシュボードから、これまでに配信したキャンペーンごとの配信数や開封率、クリック率を一覧で確認することが可能。
プラン ・登録アドレス2,000件以内、月12,000通配信以内なら無料
・マーケティング自動化、スパム診断、チャットとメールでのサポートなどは有料プランのみのサービス
・有料プラン:登録アドレス1001~1500件 月内無制限配信 $20.00~
※随時バージョンアップ中のようなので、サンドボックスで一度ご確認ください。
URL https://connect.mailchimp.com/integrations/mailchimp-for-salesforce

 

4.Benchmark Email

企業 Benchmark Internet Group
本社 アメリカ
Salesforce Professional, Enterprise,Unlimited
対応言語 英語、日本語、スペイン語、ドイツ語、中国語(繁体字/簡体字)、イタリア語、ポルトガル語、フランス語
特徴 ・世界15か国に現地法人を置き、9か国語に対応するグローバルなサービス展開
・世界50万社以上の導入実績
機能 ・フォーム作成・メールマーケティング(HTMLメール作成、配信、効果測定)・オートメーションまで全ての機能を備えたプラットフォーム。
・500種類以上のデザインレイアウトやテンプレート。ドラッグ&ドロップで簡単にHTMLメールが作れるレスポンシブ対応。画像編集、コードエディター機能搭載。
・顧客リスト管理、オートメーション、投票&アンケート、ステップメール機能
・開封、クリックの詳細が確認できる効果測定機能
・A/Bテストによって効果的なメール配信が可能
プラン ・無料トライアルが可能。
・登録アドレスが5万アドレスまでであれば配信数無制限で利用可能
・初期費用0円 月額1,500円~(登録できるメールアドレスの数、配信数によって変動)
※SalesforceはSalesforceの顧客情報をBenchmark Emailにインポートが簡単に可能です。メール配信の結果情報などをSalesforceと連携することはできません。
URL https://www.benchmarkemail.com/jp/email-marketing/salesforce-integration

メールマーケティング施策から選ぶ

それぞれ価格も違いますし内容も異なります。用途によってサービスを考えたいです。

●Salesforceとの連携を重視するならAutobahn

●WEBトラッキングしたいならSynergy!Lead

●無料から始められるMailChimp

●低価格で多機能なBenchmark ただしSalesforce連携はリストインポートのみ。

▼MailChimpとBenchmarkの比較は海外サイトに多数あります。
※Salesforce連携版とは機能が異なる場合があります。ご注意ください。

GetApp
https://www.getapp.com/marketing-software/a/mailchimp/compare/benchmark/

G2 CROWD
https://www.g2crowd.com/compare/benchmark-email-vs-mailchimp

どちらもMailChimpが優位に書いてあります。ただ、日本語サイトがあるのはBenchmark。
Salesforceを変更しなければリーズナブルなのでまずは活用してみることもよいと思います。

 
さまざまなメール配信システム。メール配信の運営を考慮した場合に、より簡単に運用できる機能を各社が提供しています。

自社でどのように運用するかを踏まえて選定をしたいですね。


【資料DL】社内資料として活用できるPDF資料をダウンロードできます。下記よりダウンロードURLをお受け取りください。

e-mail (半角)
ダウンロード資料 「Salesforceと連携できるメール配信システム4選」


ページTOP▲